農泊とは

農泊(農山漁村滞在型旅行)とは

地域を周遊する農林漁業体験

農泊とは、農山漁村において日本ならではの伝統的な生活体験と農村地域の人々との交流を楽しみ、農家民宿、古民家を活用した宿泊施設など、多様な宿泊手段により旅行者にその土地の魅力を味わってもらう「農山漁村滞在型旅行」のことをいいます。
つまり、農泊とは、農家民宿だけではなく、ホテル、旅館、ペンション、キャンプ場、古民家や空き家、廃校になった校舎など、旅行者のニーズにあった多様な宿泊手段により、農山漁村に滞在し交流を楽しみながら、地域の魅力を味わってもらうことです。

 

泊食分離型の地域のチームづくり

「泊食分離」とは夕食は地元の食材を使った農家レストランなどで食べ、宿泊はお布団や畳といった日本の文化体験が楽しめる旅館や農家民宿、古民家などの宿泊施設で泊まってもらおうといった地域周遊の考え方です。地域の魅力を味わうとは、交流体験だけではなく、近隣の農家レストランや飲食店等で、地場産業の農林水産品・加工品等をつかった郷土料理を味わう、農産品直売所で買い物をする、歴史的な建造物を観る、自然観察をするなど、地域資源を活用した郷土料理づくり、稲刈り、野菜・果物収穫、乳しぼり、山菜採り、伝統的工芸品の絵付け体験など、地域に滞在し、様々な幅広い体験への取り組みのことをいいます。
これらの農泊への取り組みにより、外国人を含む観光客を農山漁村へ呼び込み、農山漁村地域での所得向上を実現させることが目的です。

そのためには地域が一丸となって地域資源を活用した魅力的な旅行プログラムを作り、地域が儲かる仕組みを作ることが必要です。

 

ターゲットを明確に

農泊するターゲットによって、ニーズが異なります。

子どもやファミリー層、若い世代、熟年層、外国人など彼らのニーズに合わせた体験と組み合わせることによって、集客や満足度、そして情報発信力を高めることにつながります。

例えば、ある地域にファミリー層をターゲットにした伝統的工芸品の器づくり(陶芸)を農泊の一つにしたとしましょう。

子どもがとても興味関心を持ち、その場でご両親に「習いたい」と伝えたとしましょう。

地元に戻って陶芸教室に通い、もしかしたら立派な作家さんになって地域に戻ってくるかもしれません。

農泊の取り組み方では、日本の伝統的工芸品の担い手が見つかるきっかけにつながります。

まずはターゲットを絞り「体験」の道筋をつくりましょう。

体験は、経験になり技術となり得るでしょう。



【図1】出典「農林水産省ホームページ 農泊を中心とした都市と農山漁村の共生・対流」